記事一覧

ショパール アルパインイーグル 新作モデルに迫る!

ショパールの大人気モデルであるアルパインイーグルから、ラバー仕様のクロノグラフモデルが追加、更にトゥールビヨンモデルが追加されます。ラバーベルトモデル、トゥールビヨン搭載は初です。秋頃から発売予定とのこと。

人とは被りづらいラグスポモデルをお探しの方に是非ともおすすめしたいモデルです!

さっそく詳細を見ていきましょう。

そもそもアルパインイーグルは2019年に発表されたモデルで比較的新しいデザインです。

ショパールといえばやはりジュエリーブランドという印象が強く、時計という印象は薄い印象でした。

それが今では、ショパール=アルパインイーグルといってもいいほどの人気ぶりで正規店でもなかなか購入できないモデルとなりました。

また、注目のラグスポモデルとしてよく目にする機会が多いのではないでしょうか。

サイズ展開は、41mm、36mm、クロノグラフXLモデルの44mmケースの展開です。ちなみに、クロノグラフモデルは2020年から追加されした。

文字盤展開は、グレー文字盤とブルー文字盤の2色展開です。

ステンレススチールモデルは定価約170万円に対し二次流通市場において150万円〜160万円ほどでご購入できます。

ロレックスであればサブマリーナも買えない価格ですね。

価格帯に対して何より高級感があるデザインが魅力的です。

まずサンバースト装飾を施した文字盤でイーグルの瞳の虹彩を表現しています。

秒針は鷲の羽根をイメージしているそうです。細部まで凝ったデザインはさすが長い歴史をもつジュエリーブランドならではかもしれません。

かつ、素材はステンレススチールですが、ショパール独自のルーセント スティール A223という素材を採用しています。

こちらは、一般的なステンレススチールに比べ1.5倍の摩耗耐性、硬度がアップしており、また輝き方も異なるためプラチナのように見えます。

そのため、従来のステンレススチールより高級感のあるデザインということです。そして、アレルギーが出にくいことが特徴的であり、金属アレルギーの方でもご愛用頂ける可能性がございます。

コスパが良い時計なのではと思わせるモデルです。また、時計好きの方が見たら絶対知っているモデルのため話題性にも繋がります。

認知性は高いですが時計好きの方が愛用するモデルですのでまだまだ被りづらい点もポイントですよ。

さて、アルパインイーグルについてのおさらいは以上としまして今回ご紹介する新作モデルのスペックを見ていきましょう。


【関連記事】:荷物が少ない人におすすめ♡ミニバッグ

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー