記事一覧

リシャール・ミルの小売価格は日を追うごとに非凡さを失い

価格の問題はさておき、リシャール・ミルの小売価格は日を追うごとに非凡さを失い、よくも悪くも通常の価格として認知されているが、彼の時計に似たものを他で見ることはできない。リシャール・ミルひと目でわかるデザインがなければ、最近のキッズたちが言うところのフレックス(編注:格好つける、見せびらかすの意)としての役割を果たすことはできないだろうが、それは他の同じような高級時計のデザインにも言えることだ。

リシャール・ミル新作 RM056 トゥールビヨン スプリットセコンド コンペティション クロノグラフ フェリペ・マッサ サファイヤ【スーパーコピー】

高品質◆リシャール・ミル新作 RM056 トゥールビヨン スプリットセコンド コンペティション クロノグラフ フェリペ・マッサ サファイヤTourbillon Split Seconds Competition Chronograph FM Sapphire

型番 RM056

50.50㎜×42.70㎜×19.25㎜サファイア 

世界限定5本

機械 手巻トゥールビヨンスプリットセコンド クロノグラフ30m防水

70時間パワーリザーブ

フロント・サイド・バック、ケースパーツをすべてダイヤモンドに次ぐ硬度のサファイアクリスタルで完成させた究極のスケルトンウオッチ。搭載されているムーブメントは最も製作が困難なスプリットセコンド クロノグラフ トゥールビヨン。ケース・ムーブメントとともにリシャール・ミルが現段階で持てる技術のすべてを結集させた世界にわずか5本しか所有を許されないタイムピースです。

技術的な観点から見ると、リシャール・ミルの時計は今でもいくつもの最先端に位置している。ハイテクなケース素材、時計の機械的性質への賛美、洗練された仕上げ、そして同社の多くの時計に見られる驚異的な堅牢性と軽さの組み合わせは、独自の価値を提案している。20年前に初めてリシャール・ミルの時計を見たときは、それまでになかったものだと感激したが、その後、基本的なデザイン言語が古びるのか、どうなのかと疑問に思うようになった。これはある程度好みの問題だが、私は熟成していると感じているし、長年にわたって彼のデザイン言語を模倣しようとしてきた(たいていは実際にはほとんど成功していない)少なからぬ数のブランドも同様であるだろう。2000年代前半から半ばにかけて「スーパーウォッチの夜明け」に登場した他の多くの時計については、そのようなことは言えないのだ。私はこの時計を手にして、発売から20年経った今でも、リシャール・ミルの時計がいかに独創的であるかということを改めて実感している。

コメント一覧

グッチの高コスパバッグ URL 2021年12月10日(金)22時53分 編集・削除

ファッショニスタやブロガーたちの間でいま人気が高まりつつあるバッグブランド(グッチ)。デザイン性が高く、ほどよく取り入れられたトレンドに気張り過ぎないぬけ感がいい感じ!しかも ほとんどのモデルが3万円台というお手頃さなんです。

√お手頃でトレンド感 URL 2021年12月15日(水)15時47分 編集・削除

フランスのバッグはモダンアートのようなモデルが多く印象的。その理由はモデル毎にノワールやモネなどの現代アートやアーティストや建築家の作品からインスピレーションを受けデザインしているから。