記事一覧

オリエントスター ダイバー1964 2ndエディション 歴史の再発見に裏打ちされた魅惑のリバイバル 第2章

昨年のオリエントスター・ファーストダイバーの復刻に続き、同じ年に生まれた第2のダイバーズウォッチが現代によみがった。新たなるリバイバルは200m防水のタフさにエレガントさを併せ持ち、オンでもオフでもつけられるオールマイティな1本だ。

さまざまな経過時間が計れる目盛り付きのSS無垢回転ベゼルを備え、ダイヤルには力強いアロー型の時針が目を引く。オリエントとして初めてダイバーの名を冠した手巻き腕時計、オリンピア カレンダー ダイバーは1964年に誕生した。その特徴的な外観を受け継ぎ、昨年登場した限定モデル、ダイバー 1964は世界的な大ヒットとなった。そして熱心なオリエントファンであれば、同じく1964年にダイバーズウォッチの姿をしたもうひとつの“カレンダー”が誕生していたことをご存じであろう。

回転ベゼルに黒いアルマイトリングをセットし、ドットインデックスをメインとしたダイヤルを持つカレンダー オート オリエントだ。こちらは手巻きムーブメントではなく、21石の自動巻きを搭載した。ダイヤル6時位置にはそれを示す“21”の数字と“DIVER”の文字を上下に配置していることから、ファンが“21ダイバー”の愛称で呼ぶ、中古時計市場にもなかなか出回らない幻のモデルだ。それが今年「ダイバー1964 2ndエディション」の名で復活を果たしたのである。

これに伴い、昨年登場したダイバー 1964の名は「ダイバー1964 1stエディション」と改められた。1964年に始まるオリエントによるダイバーズウォッチの第2の原点を復刻したモデルは、1stエディションとは異なりレギュラーモデルとされた。これはファンにとって朗報である。1960年代の典型的なダイバーズウォッチのデザインを踏襲する2ndエディションが醸し出す適度なレトロ感は、時計界のトレンドを牽引するひとつの要素。各ディテールはブラッシュアップされ、性能は大幅にアップデート。単なる懐古趣味に終わらない、現代にふさわしいダイバーズウォッチとして市場に投入された。

【関連記事】:2022年春夏コレクション直送! 人気ブランドの新作バッグ

コメント一覧

tote711信用できるサイト URL 2022年05月13日(金)11時27分 編集・削除

スーパーコピー信用できるサイト一番信用ブランドコピー安全なサイト優良サイト!