記事一覧

フェンディとカール・ラガーフェルドによる1度きりのコラボ

アップロードファイル 14-1.jpgアップロードファイル 14-2.jpg

イタリア・ローマを代表するラグジュアリーブランドであるフェンディ(FENDI)が、2019-20年秋冬メンズコレクションのゲストアーティストにカール・ラガーフェルドを迎えた。2019年にその生涯を終えたカール・ラガーフェルドとフェンディによる、最初で最後のコラボレーションとなっている。各アイテムは、7月中旬より順次発売!

スポンサーリンク

「カールコラージュ(Karl Collage)」をあしらったフェンディの新作メンズコレクション
カール・ラガーフェルドは、1965年から50年以上にわたってウィメンズのデザイナーとしてフェンディのクリエイションに貢献してきた。今回のメンズコレクションは、3代目クリエイティブディレクターのシルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)とカール・ラガーフェルドのほぼ生涯にわたって続いてきた絆と、お互いのリスペクトを再認識する1度きりの限定コラボレーションだ。コレクションの特徴は、カールが描いたイラストやロゴ、スケッチやヴィンテージ写真を組み合わせた「カールコラージュ(Karl Collage)」。デジタルプリントのシルクシャツやコート、シアーメッシュのバッグを通して、非凡な才能をもつデザイナーの創作プロセスのストーリーを物語っている。

「フェンディ×カール・ラガーフェルド 2019-2020年秋冬メンズコレクション」アイテム一覧
バッグはカールコラージュをあしらったバックパックや、ファー素材のプリント柄バゲットなど7型を展開。

185,000円(税別)(7VZ042 A91M F0KQ9)

パテント素材とメッシュ、カールコラージュを組み合わせたシューズは、厚めのソールユニットでダッドスニーカーの要素もプラスされている。110,000円+税

110,000円(税別)(7E1281 A8PR F06C0)

ハイカットスニーカーもカール・ラガーフェルドの世界観を表現。ブラックレザーが上品な雰囲気を演出する。99,000円+税

99,000円(税別)(7E1277 A8PQ F0HYZ)

二つ折りウォレットやコインパースなど、小物類にも注目。カール・ラガーフェルドの芸術的な価値観が落とし込まれたレアなアイテムが揃う。

トップ フォーカス これならイケるかも! サイクリングパンツの技あり着こなし術 前の記事 フォーカス 次の記事 これならイケるかも! サイクリングパンツの技あり着こなし術

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpg

2019年春夏シーズン向けの世界4大コレクションで注目トレンドに浮上したボトムスが「サイクリングパンツ(バイカーショーツ)」です。モード界で提案されても、一般の人の間では盛り上がらないアイテムも珍しくありません。ところが、サイクリングパンツは「ザラ(ZARA)」や「ベルシュカ(BERSHKA)」などのリアルブランドからも相次いで登場しており、期待が高まります。

 「ザラ」はシャープな印象のジャケットに、スポーティーなサイドライン入りのサイクリングパンツを合わせました。「ベルシュカ」がジャケットにマッチさせたのは、レパード柄のサイクリングパンツ。さらに、パームツリー柄のサイクリングパンツのセットアップまで打ち出しています。

 レッグラインがはっきり出るボトムスだけに、ちょっと勇気が必要ですが、世界的なトレンドに乗ってこの夏はもしかしたら日本でも取り入れる人が増えるかも。そんな期待も感じさせるサイクリングパンツの着こなし方のコツを探っていきましょう。

 ヒップから脚にかけてのラインが出やすいサイクリングパンツは、羽織り物とのコンビネーションで露出を減らすと全体が落ち着きます。19年春夏コペンハーゲン・ファッション・ウイークのスナップでは、サイクリングパンツに白ジャケットを重ねる姿がキャッチされました。ジャケットでヒップを隠しつつ、大人っぽさをアピール。ダッドスニーカーにスポーツソックスで足元にボリュームを出すことも忘れていません。

 19年春夏パリ・ファッション・ウイークに現れたファッショニスタは、ベージュのジャケットと白いサイクリングパンツをコーディネート。さらに、ジャケットの上にダウンアウターも重ねています。両袖とブーツにボリュームを持たせることで、コンパクトなボトムスとの量感コントラストを際立たせました。斜め掛けしたサコッシュも動きを添えています。アスリート風のサイクリングパンツはボリューム面で寂しくなるので、羽織り物や靴で立体感を高めるのが賢いスタイリングです。

 ジャケットを使わなくても、トップスにボリュームを出す選択肢はあります。2019年春夏ニューヨーク・ファッション・ウイークのショー会場周辺では、シャツを生かしたコーディネートも見受けられました。細ストライプのシャツを、グリーンのサイクリングパンツにオン。シャツのボタンを上まできっちり留めて、ルーズ感を封印。イエローのカットソーを肩に巻いて、差し色をプラスしています。ノーブルなチェーンバッグも、サイクリングパンツのイージー感を和らげています。

 サイクリングパンツでも、コーディネートをモノトーンでまとめれば、大人モードなシックな着こなしに。19年春夏パリ・ファッション・ウイークに姿を見せた来場者は、黒のサイクリングパンツにボリューミーな黒系アウターを組み合わせて、スタイリッシュなムードにアレンジしていました。「ヴァレンティノ(VALENTINO)」の“VLTN”ロゴを組み込んだ黒×白の装いです。ソックスブーツが大人モード感を印象づけています。

 応用編の着こなしとしてチェックしておきたいのは、やはり有力ブランドのコレクションルック。「ブルマリン(BLUMARINE)」の19年春夏ミラノコレクションでは、ほんのり透けるチュール素材のワンピースの内側に、サイクリングパンツを着用していました。透け感のあるワンピースやスカートとのコーディネートを、レギンス感覚で試してみるのもよさそうです。

 一方、「トーガ(TOGA)」の19年春夏ロンドンコレクションでは、複雑な仕立てのスポーティーなチュニック風トップスが登場。ウエスト周辺を大きくくり抜いた、大胆なシルエットがポイントです。そのカットアウト部分からサイクリングパンツをのぞかせ、立体感を引き出しています。オーバーサイズなトップスとの組み合わせは、スエットパーカやウインドブレーカーなどでも応用が利きそうです。

 今春夏はポジティブでアクティブな気分がトレンドとなっているので、それを表現するのにサイクリングパンツはぴったり。性別にとらわれない“ジェンダーレス”の流れも、サイクリングパンツ拡大の動きを後押しします。タイトにフィットする分、上手に着こなすことができればスレンダーにも見えます。今春夏のトレンドアイテムとしてどれぐらい街に広がるか、見守っていきたい新顔アイテムです。


ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。

LESPORTSACから日本限定プリント発売

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpg

小さなキーポーチから大型のボストンまで幅広い品揃えのレスポートサック。毎月発売されるさまざまなプリント柄に毎回魅了されている人も少なくないんじゃない? そんな丈夫で軽いと有名なレスポートサックの2013 Fall Collectionから日本限定の「Vintage Rose」が発売されるよ!

コーディネイトにも合わせやすいブラックカラーがベースの「Vintage Rose」はパステルピンクのドットと、レトロで可憐な雰囲気のローズモチーフがどびっきりロマンチック♡ しかも、これにフリルのアレンジを施したスペシャルな「Vintage Rose Ruffle」も合わせて登場するんだって! 気分に合わせて使い分けてもいいし、「Vintage Rose」のバッグに「Vintage Rose Ruffle」をインバッグしてもカワイイかも♪

季節ごとに生産が終了していくみたいだから「やっぱりあの時に買えばよかった…!」と後悔しないために、早めにチェックしてみてね!

彼氏に喜ばれるクリスマスプレゼントの素敵な贈り物を選ぼう

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

クリスマスが近づくと楽しみなのが、大好きな彼氏へのクリスマスプレゼント選び。彼の喜ぶ顔が見たくてさっそく探してみるものの、どのくらいの金額が相場なのか、どんなモノを贈ったら喜ばれるのかわからないと、頭を悩ませてしまう場面も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、実用性の高いモノからこだわりのアイテムまで、彼氏に喜ばれるおすすめのクリスマスプレゼントをご紹介。年代に合わせた予算や選び方も解説するので、気になっている方はチェックしてみてください。

まず1番に考慮すべきなのが、クリスマスプレゼントの予算です。どのくらいの金額が相場なのか、中学生から社会人までを対象に、年代に合わせた相応しい金額をチェックしておきましょう。

中学生や高校生なら、毎月のお小遣いから貯めたお金でクリスマスプレゼントを買う、という人も多いはず。そう考えると、無理のない範囲で1,000〜5,000円が妥当でしょう。少ない予算でも、大好きな彼女がくれたプレゼントなら、きっとどんなモノでも嬉しいはず。

さりげなく手書きのメッセージカードを添えてあげると好感度も上々です。学校でも使える文房具や手袋などが中・高校生には人気。さりげなくペアアイテムにして周りの子にアピールするのもアリです。

大学生になると、アルバイト代を自分のお小遣いにしたり、生活費に当てたりすることも多いでしょう。中・高校生よりは少し懐も暖かいので、クリスマスプレゼントの予算は5,000〜15,000円がベスト。

高価なブランドでなくても、彼の嗜好に合わせた実用的なアイテムなら、普段使いもできて大学生の彼氏にも喜ばれます。クリスマスまでに彼の好きなモノを密かにリサーチしておきましょう。

社会人になるとお給料やボーナスなどを使って最高のプレゼントを贈りたいと思う方も多いはず。社会人なら50,000円以内が相場でしょう。余裕があるならそれ以上でも構いませんが、あまりに高価なクリスマスプレゼントだと重く受け取られてしまうので気をつけましょう。

社会人になると、ビジネスに必要なアイテムや一人暮らしの部屋に置ける家電なども人気。また彼の好きなブランドをリサーチして、少しリッチなプレゼントを贈ってみるのもよいでしょう。

彼氏へのクリスマスプレゼント選びで大切なのは、彼の嗜好を見極めること。特に身につけるアイテムの場合、好みが分かれやすいので注意が必要です。おすすめの選び方をいくつかピックアップしたので、彼が欲しがっていたモノと照らし合わせながら、事前にチェックしておきましょう。

普段自分ではなかなか手の出しづらい上質な素材は、クリスマスプレゼントとしても喜ばれます。何より長く愛用してもらえるのが嬉しいポイント。季節柄ウールやカシミヤが人気です。

どうしても身につけるアイテムが主流となるため、彼の好みのデザインやカラーも密かに聞き出しながら選んでみるのもおすすめです。

社会人になると好きなブランドも確立してくるものです。彼氏に好きなブランドがあるならクリスマスプレゼント選びはとっても楽。しかも、どんなアイテムでもかなりの高確率で気に入ってもらえること受け合いです。

学生なら好きなブランドの手袋やマフラー、社会人なら財布や時計といった高価なアイテムが人気です。予算に合わせて選んでみてください。

普段のプレゼントとしてはちょっと照れくさいペアアイテムも、クリスマスプレゼントとしてならスペシャル感があるのでおすすめです。リングやネックレスといった定番アイテムが人気ですが、ちょっと変わったところでは、ユニセックスな香水を選んで同じ香りにしてみるのもアリ。

学生なら色違いのマフラーや文房具で、周囲にさりげなくアピールできる絶好のチャンスです。いずれにしてもあまり個性の強すぎるモノではなく、シンプルなデザインなら、身につけてもらえる確率は高まります。

特に社会人の彼氏に喜ばれるのが、名入れのクリスマスプレゼントです。名刺入れやボールペンなどはビジネスに必須なので、名入れがされていると重宝されます。

ほかにも、名入れのお酒やライター・メガネケースなど種類も豊富なので、彼の嗜好に合わせたアイテムに、名入れをしてもらうのもおすすめです。

学生を中心に絶大な人気を誇るポロラルフローレンのマフラーは、クリスマスプレゼントとしても定番中の定番。上質なヴァージンウール100%で優しい肌触りが特徴です。シンプルデザインなので、色違いで揃えてみるのもおすすめ。5,000円台と高校生のプレゼントにもぴったりのアイテムです。

学生にも人気の吉田カバン「ポーター」の折財布。伝統的な織物である丹後ちりめんの技術を生かし、小銭からカードまでコンパクトに収まるのが魅力です。ポーターオリジナルデザインを彫り入れたホックもチャームポイント。長財布は使いづらい、という彼氏におすすめのクリスマスプレゼントです。

有名人にも愛用者の多いボッテガ・ヴェネタ。上質なモノのよさを知る男性に人気のブランドです。編み上げた本皮デザインが特徴的。かなり高額ですが、ちょっと奮発して思い切ったプレゼントをしてみましょう。

スウエーデン発の腕時計ブランド、ダニエル・ウェリントン。日本国内でも男女ともに人気の腕時計です。上品なデザインで、どんな年代・シーンにも合わせられるのが魅力。20,000円台と良心的な価格も好感度が持てます。ペアウォッチもリリースされているので、彼氏とお揃いで身につけるのもおすすめです。

スイスメイドでありながらアメリカ発の腕時計、ハミルトン。「カーキフィールド」は、ハミルトンで最もベーシックな手巻きモデルです。カジュアルに毎日身につけたい彼氏におすすめの1本です。本モデルは50,000円台とハミルトンのなかでは、比較的手に入れやすい価格。クリスマスプレゼントとしてもぴったりです。

1996年から続くアクセサリーブランド、ライオンハート。気負わない大人のカジュアルアクセサリーとして、20代を中心に人気のあるブランドです。「Together We Are Stronger〜ふたりなら強くなれる〜」の刻印メッセージがクリスマスにぴったり。普段カジュアルなファッションが多い彼におすすめです。

30代の男性に人気のシンパシーオブソウル。今もっとも勢いのあるメンズジュエリーブランドです。幸運の象徴として人気のホースシューモチーフが魅力的。高級感のあるイエローゴールドのK10を使用しており、社会人の大人な彼氏におすすめのクリスマスプレゼントです。

スウェーデン発のデニムブランド、チープマンディ。スタイリッシュなデザインとリーズナブルな価格設定が、10代〜若者を中心に日本はもちろん世界中で人気を集めています。手首部分にある同ブランドのロゴが入ったおしゃれなピスネームがアクセント。3,000円台と求めやすい価格なので中・高生の彼氏におすすめの手袋です。

ロイヤルワラント(英国王室御用達)を持つパーカーの万年筆。トレードマークの矢羽クリップが高級感漂う逸品です。ベーシックなツヤのあるボディにクールなシルバーのトリムが魅力的。パーカーのなかでも比較的求めやすい価格で、就職祝いとクリスマスプレゼントを兼ねて、彼氏に贈るのもアリです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ